脱毛後のアフターケアで大事な事

HOME / 脱毛後のアフターケアで大事な事

脱毛というとムダ毛を無くすことばかりに目が行きがちですが、ムダ毛が無くなったからと言って肌がボロボロになってしまったのでは本末転倒です。

なぜって誰でもキレイになるために身体を磨いているわけですから、大事なのはアフターケア。ムダ毛さえ根こそぎ抜ければ良いかというと、もちろんそれだけではないのです。

自己処理で失敗しやすいポイントも、まさにこのアフターケアです。

処理中に肌にダメージを与えてしまうこともコワイのですが、ほとんどの人が肌のケアが足りないまま終わらせてしまっています。

自分で処理していると、処理前より処理後のほうが肌自体がしっとりすべすべになったというような人は、なかなかいません。

専門家に任せると、一石二鳥も三鳥も手に入りますから、それが大きなメリットです。

まずは沈静化

脱毛は、どんな手段を取っても、どんなに優秀な技術をもってしても、やはり肌に与えるダメージをゼロにすることは出来ません。

それだけ、元気に生えている体毛を抜くというのは大きな負担だということです。

大事なのはムダ毛を根こそぎすっかり抜くことではなくて、毛母細胞毛乳頭を完全に抹殺することでもなくて、肌に与えたダメージが、関係無い部分にまで拡がって行くことを食い止めることです。

だから、脱毛しながら同時に冷却する装置が生まれたり、脱毛後のケアがかなり念入りだったりするわけです。

必要なのは直後のクールダウン、沈静化なのです。

絶対保湿

肌がしっかりクールダウンした後は、保湿が何より大事なアフターケアになります。

毛穴に受けたダメージは、肌の中の水分の蒸散を強めてしまいますし、熱を帯びることでそもそも施術が終わると肌は乾燥した状態になります。

水分や保湿成分、美容成分などを含んだ専用の化粧品でトリートメントをするサロンが多いと思いますが、かなり質の良い化粧品をたっぷり使ってくれるところを選びたいですね。

ないとは思いますが、処理が終わってすぐに帰れと言わんがばかりのサロンには、行きたくないですね。

UVカットは基本

アフターケアは、サロンにやってもらうことだけではありません。自分で絶対に気をつけるべきことは紫外線のカットです。

脱毛した後の肌はバリア機能が弱っている状態で角質層も薄くなっています。

そんな敏感な状態に紫外線が当たってしまうと炎症などのダメージに発展しますので、脱毛後にそのまま海や山へGO!などというプランはやめておきましょう。

しっかり日焼け止めを塗って、なるべく外出せずに家で休むのが一番です。

PAGE
TOP