クーリングオフと途中解約について

HOME / クーリングオフと途中解約について

金額の大きな買い物をする場合には、クーリングオフ制度についてきちんと知っておいたほうが良いですね。

また、契約を途中で停止する途中解約についても勉強が必要です。

お金が余って余ってしょうがないという人ならまだしも、きちんと手続きしなかったから大損したなどということの無いように神経を使いたいですね。

また、どちらかというと優柔不断で、すぐその気になってしまうような性格の人も必見です。

クーリングオフ制度とは

クーリングオフについて本当に詳しく知りたい場合は、国民生活センターの公式サイトなどをチェックしてみると良いでしょう。

すごく簡単に言うと、「契約しちゃっても後から無かったことに出来る制度」のことで、この制度に助けられている人は意外にたくさん存在します。

本来なら、契約というのは成立した段階でお互いに拘束力を受けるもので、当事者同士は対等な立場でその内容を実施しなければいけないものです。

でも、そうは言っても止むに止まれず契約させられてしまったケースや、その時に判断力を失っていたというケースなどもあることから、特別に解除出来る条件を定めたのがクーリングオフです。

とは言え、どんな契約でもホイホイ無かったことに出来るわけもなく、特定商取引法という法律に定められたものです。

かなり細かい規定がありますが、脱毛サロンの場合は「継続的に提供されるサービス」「内容が専門的」「効果や達成が不確実」という点において、クーリングオフ制度が設けられている業種になります。

勧誘も多いことから、「その場ではなんとなく言いくるめられて契約してしまったけれど、家に帰って冷静になったらとても払えるお金ではなかった」というような場合に一定期間内なら無条件解約出来るようになっています。

クーリングオフ出来る例

クーリングオフは、例えば脱毛サロンのスタッフに脅された場合しか適用出来ないというようなものではありませんので、普通に体験キャンペーンを受けて、その後高額のコースを普通に契約したというような場合でも適用可能です。

ただし、トータルの期間が1ヶ月以上のもので、契約代金が5万円を超える契約になります。契約日から8日間の間に解約の意思表示が必要ですが、店舗に出向く必要はありません。

途中解約の場合

脱毛サロンの公式サイトなどにも途中解約については明記されていると思います。

基本的には途中解約は可能で、この場合は自分でサロンに申し出て解約手続きをする必要があります。

身分証明証や印鑑や契約した時の書類などを持って行きましょう。

残っている分は返金されますが、解約手数料が差し引かれる場合がありますので、それも最初に確認しておきましょう。

PAGE
TOP