VIO脱毛って恥ずかしくないの?

HOME / VIO脱毛って恥ずかしくないの?

VIO脱毛が比較的手軽に受けられるようになって、すでに身だしなみの一環になりつつある現代ですが、気になるのが施術の時の体勢だという女性は多いです。

通常人目にさらす部分ではありませんし、それは当然ですよね。いったいどうやって脱毛するの?と不安を隠せない人はたくさんいます。

VIO脱毛って恥ずかしくないの?という点についてまとめてみましょう。

Vラインの施術体勢

まず最近人気のVラインですが、ほとんどのサロンでは専用の紙の下着を付けて仰向けに寝た状態で脱毛します。

処理するVのラインだけが出るように下着をズラしながら照射するわけですね。下着ではなくタオルの場合もありますしが、それなら抵抗感は少ないかもしれませんね。

でもクリニックの場合は完全に下着をつけなかったり、自分で適応する下着を持って来たりと対応がバラバラのようなので、確認が必要です。

Iラインの施術体勢

Vより更に恥ずかしさが気になるIラインですが、基本的にはVライン時と同じような格好で仰向けに寝て、片足ずつヒザを曲げて外側に倒した状態で施術するのが一般的です。

紙の下着がある場合は履いたままで、少しずつズラして照射したり、タオルの場合は完全に下着は脱いで、タオルをズラしながら照射する場合もあります。

完全に露出した状態で行うわけではなく、なるべく照射する部分以外を隠すように配慮するのが普通なので、施術が始まってしまえばだんだん平気になると思います。

Oラインの施術体勢

肛門の周りなので、体勢はうつ伏せ横向きでヒザを曲げた状態などです。中には四つん這いになるところもあるようなので、それはかなり抵抗があるかもしれません。

気になる場合はカウンセリングの時に恥ずかしくても確認をして、嫌な場合は嫌だと伝えれば体勢を考えてもらえる場合もあるでしょう。

更に抵抗があるのが、うつ伏せではムダ毛の部分が隠れてしまうので、お尻の肉を広げる必要があることです。

サロンスタッフが2人ついて、1人がお尻を広げる役、1人が照射する役と分かれる場合もありますが、広げるスタッフがいない場合は自分で広げる必要があります。

照射時間は長くても15分くらいではありますが、ここはどうしても我慢のしどころでしょう。

VIO脱毛を受ける側の恥ずかしさはスタッフもよく分かっていることですし、なるべく気持ちが和らぐように、まったく関係のない会話を振るなど、いろいろと気を遣ってくれるサロンも多いでしょう。

恥ずかしくないわけはありませんが、これも個人差ですし慣れてしまうより手はありませんね。

PAGE
TOP