医療レーザー脱毛の仕組みと効果

HOME / 医療レーザー脱毛の仕組みと効果

エステサロンや脱毛サロンではなく美容クリニックで受ける医療レーザー脱毛については、正しい知識がないとちょっとコワイ部分もあるので、是非勉強しておきたいですね。

何が違うかと言えば、一言で言って「パワーが違う」ということです。

脱毛するならパワーが強いに越したことはないんじゃない?と思いますが、それだけ自分の肌にも影響があるということ。

知らずに受けて良いものではないのです。

医療レーザー脱毛の仕組み

まず、レーザーと言ってしまうとなんだか何でも出来てしまうような気がして、意外とフワッとしたまま理解したつもりになってしまいがちですが、レーザーをあててなにがどうしてムダ毛が抜けるのか、その仕組は理解しておきましょう。

処置をする時にはムダ毛は剃っておきますが、毛穴の中にはまだしっかりと黒いムダ毛が残っています。

この黒い色素にレーザーを照射すると、レーザー光線は黒い色にだけ一気に吸収され、高い熱を持つことになります。

この熱はもちろんムダ毛の毛根の周りにある組織にも大きなダメージを与えますので、毛母細胞がその熱で破壊されます。

毛穴の中に残ったムダ毛は、毛母細胞の死滅と共にいずれ自然に抜け落ちます。これが医療レーザー脱毛の基本的な仕組みです。

組織の破壊は医療行為

なぜこうした高出力のレーザーの使用が美容クリニックでのみ許可されているかと言えば、毛母細胞などの組織を完全に破壊するという行為は医療行為だからです。

医療免許を持っていないエステティシャンが行うことは法律違反になるわけですね。だからエステサロンでは出力の弱い機器などが使用されているのです。

そうした意味では永久脱毛が可能だと言っていいのは美容クリニックだけとなります。

エステサロンの施術でも、ずっとムダ毛が生えて来なくなる場合もありますが、それでも永久と言い切ることは本来出来ませんね。

ただ、それだけ高出力のレーザーを直接肌に当てるわけですから、痛みや熱などのダメージも当然大きくなります。

麻酔クリームを塗ってもらったり、肌を冷却したりといった工夫はされますが、痛みだけは人によっては我慢出来ない場合もあります。

ヒゲ、産毛は困難

医療用レーザーでの施術ですが、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーといった種類のマシンでは、男性の太くて密集しているヒゲや、ほとんど色素の無い産毛の処理は出来ません。

そうしたところには、美容クリックでもフォトRFなどといった他のマシンが使われる場合が多いです。逆に言えばそうした部分をわざわざクリニックで処理する必然はないということですね。

PAGE
TOP