脱毛サロンって勧誘はされないの?

HOME / 脱毛サロンって勧誘はされないの?

脱毛サロンの体験キャンペーンなどに行くと、気になるのが勧誘でしょう。勧誘が怖くて結局行けないという人もいるほど、実はみんな内心ヒヤヒヤなのです。

必要ないなら断れば良いだけの話なのですが、少しでもスタッフと打ち解けてしまうと、ムゲに断るのがなんだか申し訳なくて・・・というココロ優しいお嬢様が多いのも日本人女性の特徴。

とても礼儀正しい美徳ではありますが、やはりそこはしっかり断らないと、後々もっと嫌な目に遭うことになります。

脱毛サロンの勧誘について

最近見かける脱毛サロンの公式サイトの謳い文句は、どこもかしこも「勧誘ナシ!」という言葉です。これって本当なのでしょうか?気になりますよね。

ハッキリ言うと、まったく勧誘がないということはないでしょう。

体験キャンペーンなら本コースの説明も当然しますし、他のコースの紹介もするのが普通です。そこで、「今ならオトクですけど、いかがですか?」くらいの誘い文句は普通出て来くるでしょう。

これを勧誘だと思わない人もいるでしょうが、それすら嫌だと思う人もいるかもしれませんね。

問題は、そんなセリフが出てくるかどうかということではなく、勧める強さがどの程度のレベルかということです。

例えばショップで普通に買い物をした時に、「当店の会員になれば◯%引きですよ」という程度のレジでの勧誘程度であれば、誰でも断れますし、実際に皆さんよく断っているでしょう。

でも、断っても断っても何度もしつこく食い下がって来たり、いくらなら出せるのかなどと金銭的なことを訊いて来たり、お金が無いならローンを組めば良いというように食らいついてくるような場合には、かなり鬱陶しく感じますよね。

こちらがNOの意思表示をしているにも関わらず勧めて来たり、携帯にかけて来るような場合には、相談センターなどに訴えても良いでしょう。

意思表示を曖昧にしないこと

「いかがですか?」→「持ち帰って検討します。」→「承知いたしました。ごゆっくりご検討下さい。」という会話の流れであれば、「勧誘された!」と騒ぐほうが間違いです。

もし持ち帰って検討すると言っているのに、この場で決めろとか、帰さないように引き止めるといった強行に出た場合は、正式に犯罪なので、訴えてOKです。

ただ、この時にハッキリ意思表示をしないで、「えーと・・・まあ・・・・悪くはないんですけどぉ・・・」などと曖昧な返答をした場合には、本人にも問題アリですね。

断りにくいかもしれませんが、「いえ、結構です。」と言うのは、決して無礼ではありませんよ。

PAGE
TOP