脱毛できない箇所ってあるの?

HOME / 脱毛できない箇所ってあるの?

脱毛サロンは脱毛のプロだから、どんなことでもお任せでOK!と思っている人もいるかもしれませんが、やはり脱毛サロンでも脱毛出来ない条件が存在する場合があります。

それはそのサロンで採用しているマシンの性能による場合もありますし、本人の状態に理由がある場合もあります。

サロンによっては脱毛できない箇所がある場合もあります。そうした細かい点についてまとめてみましょう。

レーザーの場合

レーザー脱毛では、脱毛できない箇所があります。

まず、髪の毛に近い部分、粘膜に近い部分、目や鼻に近い部分、色素沈着がある部分などで、他にも非常にデリケートで皮膚の薄い部分には照射はしないところも多いです。

例えば髪の毛に当たると色素に反応し過ぎて頭皮がひどく炎症を起こしてしまう場合もありますし、VIOなど粘膜に近過ぎる部分には行えないとしているところが大半でしょう。

うなじなどを希望する人も中にはいるようですが、特に美容クリニックのような高出力レーザーは危険な場合があります。

目はゴーグルでガードすることからもわかるように、失明の危険があるので当然ですね。

ほくろや色素沈着

メラニン色素に反応する機器の場合は、同じくメラニンを多く含む箇所には照射は出来ません。ほくろなどに熱が集まると、皮膚がただれて火傷を起こしてしまいます。

同じように、濃いシミアザがあるような場合にも、施術出来ないと言われることもあるでしょう。傷痕、タトゥーなどがある場合も施術出来ないと言われると思います。

ただし、機器によってはメラニンに関係なく使えるものもありますので、すべての脱毛が不可能というわけではありません。

サービス範囲外

当然ですが、そのサロンがサービスを行っていない箇所は脱毛出来ません。多いのはフェイスをメニューに入れていないサロンですね。

顔はとてもデリケートですし、目や髪の毛の問題もあるので、避けているサロンも多いです。また、メニューがあっても鼻下やアゴのラインなど、顔の下部分に絞っている場合も多いですね。

VIOは、昔は脱毛出来ない箇所としてサービス範囲外にされていたのが普通でしたが、機器が開発されたおかげで今ではどのサロンでも普通のメニューになりつつあります。

産毛や細い毛

箇所ではありませんが、機器によっては本当に細かい産毛や色素の無い体毛、細い毛などにはうまく反応せず、照射しても残ってしまう場合があります。

何度か照射しても抜け落ちないようであれば、おそらく難しいかもしれませんね。電気ニードル脱毛などで1本1本処理すれば可能です。

PAGE
TOP