妊娠中でも脱毛ってできるの?

HOME / 妊娠中でも脱毛ってできるの?

妊娠中は脱毛出来ないとしているサロンが一般的です。

多いのは、通っている期間中に妊娠していることがわかって、何度か知らずに施術を受けてしまったというようなケースです。

でもこれでお腹の赤ちゃんになんらかの影響が及ぶというわけではないので、パニックになる必要はありません。

光脱毛も、レーザー脱毛も、胎内の環境に悪い影響を及ぼすようなものでは基本的にはないからです。

だったらどうして施術NGにされているのか、逆にわからなくなるかもしれませんね。妊娠中に脱毛出来ない理由についてまとめておきましょう。

肉体的ストレスを避ける

脱毛は、どんなに優しい方式のものでも、身体に与えるダメージをゼロにすることは出来ません。痛みや刺激が母体のストレスにつながらないとも限らないので、大事を取るのが一番だからです。

VIOならわからなくもないけれど、別にワキなら関係ないとか、フェイスなら問題ないと思うかもしれませんが、脱毛部位の問題ではないので理解しましょう。

ストレスが思わぬ体調の変化を招いたり、自分でも想像出来ない気分の不調や吐き気などを起こしたりするかもしれませんから、あまり甘く考えないほうが良いですね。

これはクリニックでもエステサロンでも同じですし、家庭用の光脱毛機器などでも同じことです。人生の中で妊娠している期間くらいは、脱毛はひとまずお休みするのが正解です。

体毛が変化する

妊娠中はホルモンの分泌量もバランスも非常に大きく変化するので、急にお腹の産毛が濃くなったり、乳輪まわりにムダ毛が生えて来たりすることもあり、それに対応してもあまり意味がないという理由もあります。

産婦人科に行ってお腹を見せるのが恥ずかしいという人もいるようですが、そこはあまり気にするところでもなく、カミソリで剃ったりもしないほうが良いでしょう。

すでに脱毛サロンで処理したはずの部位にまたムダ毛が生えて来たりもしますが、まったく元の状態に戻ってしまうことはなく、出産すれば何事もなかったように元に戻る場合も多いです。

いちいち毛抜きで抜いたり剃ったりするような自己処理もやめておいたほうが正解です。

すべては前か後にしよう

ムダ毛が気になる人は、妊娠前に一通り全身脱毛を終えておくか、出産後に落ち着いてからあらためて行うか、そのどちらかだと認識しましょう。

妊娠中は妊娠していることに集中して、他のことに努力したほうが賢明ですね。

妊娠初期は出来ませんが、安定するとマタニティエステを行っているサロンなどもあります。美容面が気になるなら、そうしたメニューを検討しましょう。

PAGE
TOP