脱毛サロンでよくあるトラブル例

HOME / 脱毛サロンでよくあるトラブル例

脱毛サロンに行こうかどうしようか迷っている人は、予算や手間暇もさることながら、何か嫌なトラブルがないかを一番心配しているのではないでしょうか?

大手サロンなどは積極的に研修をして、かなり健全な運営が出来るようになった現代ですが、確かに大小はあれ、トラブルがまったく起こらないとも言い切れません。

どんなリスクがあるのか、どんなことに注意が必要なのか、脱毛サロンでよくあるトラブル例についてまとめてみましょう。

勧誘につきまとわれる

やっぱり一番多いクレームは勧誘です。

ただ、大昔のように契約するまで部屋に閉じ込められたり、強い脅しで無理やり契約させられたりするようなことは、かなり危ない悪徳サロンにでも行かない限り無いと言っていいでしょう。

最近では勧誘は一切しないというキャッチフレーズを掲げているサロンも多く、多少の紹介はあるにせよ、無理に引き留められたりはしないはずです。

ただ、何度も携帯電話にセールスが入るとか、行くたびに何度も説明が続いてかなり鬱陶しいと感じるケースもあるようです。

ある程度のセールスは覚悟した上で、断るなら明確に断るというのがベストな対応でしょう。

追加料金が発生

回数でコースを契約することが多いと思いますが、その回数で思ったような結果が出ない場合、追加料金の発生となります。

年数で通い放題という表現もありますが、結局はその年数内に終わらなければ追加になります。

だいたい通える回数は全身脱毛で月に多くて2回がいいところですから、月額定額制にしても回数制にしても、終わってみればあまり大きな金額の差にはならないことが多いです。

自分にはどれくらいで満足出来る脱毛効果が現れるのかは予測するしかないので、これは非常に難しい点でもあります。

ただ、お金を払うだけ払って全然納得が行かないとなると、かなり大きな失敗となってしまいます。

予約が取れない

契約したのはいいけれど、全然予約が取れなくて、いつまでたっても結果が出ないというケースもよくあるトラブルです。

これは月額制の場合にかなり痛手になるので、最低月2回は確定してくれるくらいのところでないと、契約方法も考えたほうが良いでしょう。

特に立地が良くて誰もが行きやすい店、雰囲気が良い店、スタッフが人気の店などは、シーズンにもなると予約殺到でまったく通えないという問題が起こりやすいので注意しましょう。

あえて少し外した場所の店舗にすれば、結果的に1年も2年も早く済んだのに・・・ということにでもなったら、貴重な時間の大損です。

PAGE
TOP